“3年後、5年後の自分”が描きやすい環境

専修医

日本大学医学部(2015年卒)

できることが着実に増えていく充実感

  • 日本大学医学部麻酔科

麻酔科は手技が多く、成長が実感しやすい科だと思います。また、麻酔中に使用される薬剤は、秒単位で効果を発揮するものがほとんどで、投与後すぐに患者さんの状態が変化していきます。麻酔科医の仕事は、短時間でとてもダイナミックな変化をもたらすので、それがやりがいであり、大きな責任だと思っています。その分、患者さんのリスクや合併症、検査結果などをふまえて麻酔計画を立て、手術が無事終わった時は、ほっとすると同時に大きな充実感を得ています。

上級医の先生がいつも見守ってくれていますが、担当の患者さんは、基本的には術前診察から麻酔計画、術中管理、術後診察まで一人で担当します。患者さんとの接点は少ない分、術前診察、術後診察の重要性も実感しています。特に術前診察時には、麻酔に対する不安が強い患者さんもいるので、きちんと説明をして少しでも安心して手術に臨んでいただけるように接するようにしています。

一緒に成長し合える仲間がいる

  • 日本大学医学部麻酔科

同期とは上手くいかなかったことを共有して、励まし合ったり、勉強し合うようにしています。時には、先輩を呼んで、ダミー人形で手技を練習することもあります。

麻酔科を選んだ理由はさまざまありますが、私はやはり日大麻酔科の雰囲気が好きで、やさしい先輩が多いことが入局の決め手になりました。先輩は皆さんやさしくて、面白いです。日々の疑問や反省点など、気軽に相談できる雰囲気があることは、とても恵まれた環境だと思っています。また女性の先輩も多いので、自分の将来像も描きやすいです。家庭や子育て、仕事を両立している先輩を見ると、私も頑張ろう!私もできるはず!と思えます。

今後はさらに小児麻酔、産科麻酔、心臓麻酔などの特殊麻酔の経験を積んでいきたいと思っています。将来的にはペインクリニックにも挑戦したいですね。