幅広く、奥深いのが麻酔科

専修医

福岡大学医学部(2013年卒)

想像以上に楽しかったのが麻酔科

  • 日本大学医学部麻酔科

大学まで福岡で過ごし、研修は東京の大学病院で受けようと決意し、日大に入りました。今では麻酔科が自分の天職だと感じていますが、医学生の頃は麻酔科には全く興味はありませんでした。漠然と手術ができる科に進もうかと考えていたのですが、麻酔科の研修が想像以上に楽しく充実していたので、最終的には心臓外科と麻酔科で迷いました。麻酔科はオペ室、病棟(ICU、緩和)、外来(ペイン)と全てに関わることができるフィールドが広い科です。そして、心臓やペインなどサブスペシャリティも多く、専門性を深めることもできます。今では、執刀医ではなくとも、麻酔科医として心臓外科の手術に携れることが大きなやりがいになっています。麻酔科医は手術をずっと見守っています。だからこそ「何事もなく、無事終わった」ことを誰よりも喜べる科だと思います。

一緒に医局をつくっていこう!

  • 日本大学医学部麻酔科

“無事に何事もなく手術が終わり、麻酔から覚醒し、術後に痛みで苦しまない状態”は、患者さんからすれば当たり前のことかもしれません。そんな“当たり前”にやりがいを感じるのが麻酔科医です。麻酔科は他科と比べると、実際にやってみなければ分からない楽しや、やりがい、難しさが多い科のように思います。私は初期研修1年目と2年目に麻酔科で研修しましたが、いろいろな科の研修を受けた上で経験した2年目の研修は、1年目とは違った視点が持てとても勉強になりました。全身管理に興味がある方は、ぜひ2年目にも麻酔科研修をしてもらいたいですね。

日大麻酔科は鈴木教授を中心に、これからさらに盛り上がっていく医局です。とても仲の良い医局ですが、過干渉や束縛はなく、個々が自立し、困った時は一致団結するところが、居心地の良さ、学びやすさだと思います。